STEP1相談内容を伝える

ご自由に・伝えたいことだけ

  • 状況や状態、周囲の環境や人間関係など、客観的な情報
  • 辛さや怒り、落ち込みなど感情や気持ち
  • こんな話がしたい、こうなりたいなどの目的、ご希望やご要望
  • 悩みの内容や問題となっていること
  • その他の伝えたいこと

なるべく全ての情報を伝えても良いですし、初めは一番伝えたいことから進める、とりあえず辛い気持ちを吐き出してみる…などなど、始め方は様々です。

こうしなければならないというやり方はありません。お役に立てていただくためにも、ありのままにご希望通りにお話していただくのが一番です。

ご相談内容の伝え方からその後の流れや進め方が決まっていくことになります。

ご相談自体にご不安があるようでしたら、こちらからサポートして進めていきますので、無理にお話を始める必要はありません。まずはご挨拶や何気ない会話からスタートもできます。

STEP2掘り下げる

進め方は様々

  • 問題の元を辿る、改善できる点を見つけるなど問題の整理
  • 話すこと、受容による感情やお気持ちの辛さの緩和
  • 生活と精神状態の関連や心理・認知を分析、理解を深める
  • 問題によるストレスとの付き合い方、解消の仕方を試す

どうしたらいいのかわからない方はまずは問題の整理や自己理解を、目的やゴールがわかっている方はまず問題解決への力を育てることをおすすめいたします。

ご自身が主導となって進めていけるようサポートしながら。様々な視点と専門的な知識・技術を元に掘り下げていきます。

解決ではなく支えや癒しが必要な場合では、お気持ちに寄り添い、自己受容を助けます。

ご相談のやりとりのポイント

ご相談の流れはお一人おひとり様々です。お客様のご希望やご要望に添うため、またご相談をお役に立てていただくためにお客様が主導となって進めていただけるようにするためのポイントがあります。

質問に意味がないと思ったり、答えたくないと感じた場合は答える必要はありません。

お客様をよく理解し、ご自身の立場に立って考えられるよう、もに子相談室からはたくさんのご質問をさせていただきます。

それらの質問に答えるだけでは、お客様自身のお気持ちが引き出せなかったり、ご自身の意志や考えとは異なる方向にご相談が進んでしまうときがあります。

お気持ちや状況の理解や憶測が間違っていた場合は、できれば訂正・反論してください

特にご相談を始めたころのやりとりでは、お客様のことを知らないために全く見当違いな理解をしてしまうこともあるかもしれません。

ご利用者様をなるべく理解し、同じ立場に立ってお気持ちに寄り添うように努めますが、ご利用者様の気持ちが本当に理解できるわけではありません。特に文字によるやりとりの中では誤解が生じることもあります。

そのままにしてしまうとその後のご相談の質の低下にもなりますし、なにより多かれ少なかれ不快なお気持ちにさせてしまった場合はご遠慮なくご指摘ください。

お客様の方からもたくさんのご提案やご質問をしてください。

ご相談という形式上、どうしてももに子相談室側からの質問や方向性の提案が多くなってしまうときがあります。

こちらからのご提案はきっかけに過ぎません。お客様からのご提案を常にお待ちしています。

※病気についてや、お薬や治療方法などに関する質問にはお答えできません。医師にお尋ねください。

STEP3終結

目指す状態

  • 悩みや辛さの軽減、解決
  • 何かあっても自分の力で解決できるようになる、解決方法がわかるようになる
  • 自己理解や受容ができ、自信をもって自分らしく生きられるようになる
  • 身近に支えを見つける。周囲の環境や人間関係が良い状態になる。

一人ひとりご相談の目的・ゴールは様々ですが、「もう相談する必要がない」と感じるところまでサポートいたします。

プランのご契約終了時には(ご契約期間や回数が終了となり、次のご契約をしていない場合)、ご相談のまとめと今後の方向性などをお話します。その後もプランのご契約をしていただくかどうかは相談室からおすすめをさせていただくこともありますが、お客様が決めます。

フリープランやリアルタイムプランでは途中で終了していただいてもご返金が出来ません。シンプルプランでは、残りの回数を使わずに残しておくことができます。(1年以内)

AFTERご相談終了後

またいつでもご利用ください

会員登録している場合、ご相談のやりとりは保存されているため、あとから読み直して確認・進歩の実感をすることが出来ます。(保存期間については保証できません。永久保存されたい場合は、ご自身で保存してください。)

新たな問題・悩みや辛さができた場合はいつでもまたご相談ください。前回までのご相談の記録は残っているため、いつでもお客様のプロフィールや今までの流れを理解した状態でご相談ができます。

一度解決した問題でも、あとでまたぶり返してしまうときがあります。また、ご自身で解決しながらも、不安になったときや支えが欲しいときにやりとりをすることが出来ます。

ぴったりなプランをお申込み