境界性人格障害の傾向診断テストボーダーラインパーソナリティをチェック

アダルトチルドレン 家庭 子ども

境界性パーソナリティ障害(境界性人格障害)は、主に対人関係を中心として人生や生活に問題が生じやすくなるような様々な特徴にあてはまるかどうかで診断されます。

人間関係や感情の問題で苦痛を感じていても、自分の状態を客観的にみることは難しいものです。

質問に答えて具体的にどのような問題が生じているのかをチェックし、問題解決やストレス管理に役立てましょう。

境界性人格障害の特徴を持っていたとしても人格がおかしくて問題だというわけではありません

本人が苦痛を感じやすい思考や精神状態の特徴があるということです。

本人のせいではなく、本人が悪いわけではなく、本人が一番辛い状態なのです。

生きづらさや日常の苦痛は対処することができるものであり、解消できないわけではありません。

まずは自分の状態を確認して、辛さやストレスのケアを始めてみませんか?

本人の回答から境界性パーソナリティ障害であるという診断はできませんが、ここでは境界性パーソナリティ障害の特徴にあてはまるような傾向の問題を抱えているかどうかを診断します。

少し長いテストですが、試してみてください。

※大人用のテストです。子どもには適切ではありません。

※自分の苦痛や問題について答えるテストなため、ストレスが溜まっているときや精神的に不安定なときには負担になる可能性があります。

※この診断チェックは本人が問題や自身の苦痛を自覚するために作られており、医学的な診断基準とは異なります。疾病の自己判断のためには使用しないでください。苦痛を感じている場合、日常生活に支障が生じている場合は、医療機関や専門の相談機関にかかってください。

問題数20

進行度

質問に答えてからスタート!


※この診断から送信されたデータは統計のために使用されることがありますが、個人情報は保存されません。